不動産投資で安定収入を得られる?投資のポイントを紹介

2022.08.05不動産クラウドファンディング

不動産投資で安定収入を得られる?投資のポイントを紹介

不動産投資は、他の投資と比較して安定収入を得やすい投資であると言われています。

ただ、どんな人でもどんな不動産でも購入すれば、必ず安定収入を得られるのかと言えば、そうではありません。

こちらの記事では、不動産投資で安定収入を得るためのポイントを、不動産投資で得られる収入の種類とともにご説明します。

 

不動産投資で得られる収入

不動産投資で得られる収入

不動産投資で得られる収入は、以下の2つです。

それぞれについて、見ていきましょう。

 

インカムゲイン

インカムゲインとは、投資対象物件の保有中に得られる収益のことです。

具体的には、家賃収入や配当収入、駐車場収入などがあります。

たとえば、15室ある不動産物件を購入し、1部屋あたり12万円で貸し出し、満室になった場合には、年間2,160万円のインカムゲインを得ることができます。

 

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、保有していた投資対象物件を売却した際に得られる売却益のことです。

たとえば、8,000万円で購入した不動産を1億円で売却することができれば、2,000万円から売却に際し発生した費用を差し引いた金額を利益として得ることができます。

インカムゲイン・キャピタルゲイン、いずれの手法でも利益を得ることができますが、安定した収入を得るという点で考えると、インカムゲインをメインとした不動産投資をすることがおすすめです。

 

不動産投資で安定収入を得るためのポイント

 

不動産投資で安定収入を得るためには、インカムゲインを主な収入とした上でいくつかの点に注意する必要があります。

以下に、その注意点について、ご紹介します。

 

その不動産物件が、ニーズの高い物件であること

たとえば、賃貸物件として貸し出し、インカムゲインを得る場合、その物件自体の賃貸ニーズが低ければ空室リスクが高まり、インカムゲインが低くなってしまう可能性が大きくなります。

不動産購入前には、行政の出している人口動態調査などを確認し、そのエリア自体のニーズを探るようにしましょう。

また、その不動産自体がどのような魅力を備えた物件であるか、その魅力はターゲットとする入居者の求めるものにそぐうものであるのかなどの確認も合わせてしておく必要があります。

 

家賃収入や駐車場収入以外の収益源を確保しておく

その不動産の主たる収益源以外の収益源を確保しておくことで、収入をより安定させることができます。

たとえば、敷地内に自動販売機を設置したり、不動産に広告看板などを設置したりすることにより、収益源を増やすことができます。

 

ある程度の自己資金を保有しておく

不動産は、設備の故障や不動産自体の劣化などにより、ある程度の出費が必要になることがあります。

また、空室が埋まるまでに想定よりも時間がかかれば、ローンや管理費などの出費により赤字となってしまうこともあります。

この際、自己資金があれば、安定収益を得られるようになるまでの期間をもちこたえることができますが、自己資金がない場合には、最悪、不動産自体を手放さなければならなくなることもあります。

それを防ぐためにも、ある程度の自己資金は常に保有するようにしておいた方が良いでしょう。

 

おわりに

不動産投資で得ることのできる2つの収入、インカムゲインとキャピタルゲインについて、また、不動産投資で安定収入を得るために気にしておくべきポイントについてご説明いたしました。

ニーズの高い不動産を購入し、複数の収入源を確保したりある程度の自己資金を維持したりすることによりリスクを減らしておくことで、不動産投資で安定収入を得やすくなります。

投資により安定収益を得たいとお考えの方は、ぜひこちらの記事も参考に不動産投資を検討してみてください。

TECROWDの不動産クラウドファンディング

タグ : 不動産クラウドファンディング 安定収入
The following two tabs change content below.

TECROWD運営事務局

TECROWDは海外に投資ができる不動産クラウドファンディングのサービスを提供しています。 TECROWDが運営している「TECROWDコラム」では、不動産クラウドファンディングに関する情報を発信していきます。