2021/08/10
プレスリリース

不動産に投資できるクラウドファンディング「TECROWD」8号ファンドを8月11日より販売開始

不動産クラウドファンディング「TECROWD」(テクラウド)から、初の開発型国内不動産として、8号ファンド 障がい者向けグループホーム『AMANEKU平塚田村』の情報を2021年8月10日より公開し、2021年8月11日15時より販売を開始致します。

TECROWD8号ファンド 障がい者向けグループホーム『AMANEKU平塚田村』はTECRAが施工の監修を行っている物件で、2021年11月に竣工予定、すでに売却先が予定されております(不動産売買契約を締結済)。運用は2021年9月より4.5カ月間(136日)、募集金額は7,260万円を予定していて、年間の配当利回りは11.0%を想定しています。

ファンド名:TECROWD 8号ファンド 障がい者向けグループホーム「AMANEKU平塚田村」

物件種別    寄宿舎
販売開始予定日 2021年8月11日
運用開始予定日 2021年9月1日
配当予定日   2022年1月31日
想定運用期間  4.5ヶ月(136日)
募集金額    7,260万円(内劣後出資390万)
想定利回り(年利) 11.0%
最低出資金額  10万円

投資開始には事前の会員登録が必要です。
ページTOPよりご登録ください。

<8号ファンド特徴>
■令和3年11月30日竣工予定、需要が高い障がい者を対象とした集合住宅

障がいの有無に関わらず、互いに支え合い、地域で生き生きと明るく豊かに暮らせること、人生における多様な選択の機会が確保され、地域社会との共生を妨げられないことを目指す「ノーマライゼーション」の理念や、国際的な障がい福祉の機運の高まりから、「脱施設化」「地域移行」のテーマの下に、地域生活移行型のグループホームが誕生しました。一般の住宅地の中に溶け込む形で運営され、障がいのある方の社会参画や、不安なく過ごすことのできる毎日を支える場として、自己決定を援護し、自己実現に寄与する、新しい生活住居です。

■このファンドを通じて目指す世界

本ファンドは、障がい者向けグループホーム「AMANEKU平塚田村」への投資により、社会問題化している「障がい者の社会的孤立・貧困問題」を不動産・建設および金融の側面から支援することを目的としています。