2022/07/08
ファンド

32号ファンドを7月14日より募集開始

不動産クラウドファンディング「TECROWD」(テクラウド)は、TECROWD 32号ファンド グループホーム「AMANEKU平塚徳延」の情報を2022年7月8日より公開し、2022年7月14日18時より募集を開始致します。

《TECROWD32号ファンド》
TECROWD32号ファンドは、障がい者向けグループホーム「AMANEKU平塚徳延」を投資対象とする賃料収入を原資として配当を行う、インカムゲイン型のファンドとなります。「AMANEKU平塚徳延」は、TECROWD10号ファンドにて開発を行い、事業者であるTECRA株式会社の固有資産として償還したものですが、フリーレント期間を終え、賃料収入が開始したことを受けて、再度ファンドに組み入れて、インカムゲイン型ファンドとして運用を行うものです。

運用は2022年8月より24ヶ月を予定していて、年間の配当利回りは5.50%を想定しています。

ファンド名:TECROWD 32号ファンド グループホーム「AMANEKU平塚徳延」
募集開始予定日 2022年7月14日
運用開始予定日 2022年8月1日
配当予定日 2022年11月30日
想定運用期間  24ヶ月
募集金額    7,210万円(別劣後出資806万円)
想定利回り(年利)5.50%
最低出資金額  10万円

<32号ファンド特徴>

■稼働率90% 住み良い立地の女性専用ホーム
「AMANEKU平塚徳延」は、2022年2月にグループホームとしてOPENし、現在全10室のうち9室入居済です。神奈川中央交通「神明下」バス停より徒歩2分、徒歩5分圏内にスーパーや銀行、ドラッグストア、弁当屋等があり、女性入居者にとっても安心して生活できる立地となっています。

■マスターリース契約・助成金による安定的なキャッシュフロー
「AMANEKU平塚徳延」は、当社グループ会社である株式会社AMATUHIが運営を行い、同社とマスターリース契約を締結します。そのため、空室が出たとしても、安定した家賃収入を得ることができます。また「AMANEKU平塚徳延」への入居者へは、障がい年金や生活保護のほか、行政より補助金が交付されるので自己負担率が低く、株式会社AMATUHIへの家賃未納リスクが低減されております。

 ■32号ファンドの詳細ページは、こちらよりご確認ください
https://tecrowd.jp/funds/properties/32


投資開始には事前の会員登録が必要です。
ページTOPよりご登録ください。