2021/05/31
プレスリリース

新興国の不動産に投資できるクラウドファンディング「TECROWD」5号ファンドを6月7日より販売開始

新興国の不動産に投資できるクラウドファンディング「TECROWD」(テクラウド)は、5号ファンドAmbassador Residence(アンバサダーレジデンス)の情報を2021年5月31日より公開し、2021年6月7日20時より販売を開始致します。

TECROWD5号ファンドはモンゴルの首都ウランバートルにあるAmbassador Residenceというレジデンス(高級住宅)です。本物件はTECRAが施工の監修を行った物件です。運用は2021年8月より2年間を予定していて、年間の配当利回りは8.0%を想定しています。

ファンド名:TECROWD 5号ファンド Ambassador Residence(アンバサダーレジデンス)(モンゴル/ウランバートル)

物件種別    店舗付き共同住宅
販売開始予定日 2021年6月7日
運用開始予定日 2021年8月1日
初回配当予定日 2021年11月30日
想定運用期間  24ヶ月
募集金額    1,655万円(内劣後出資175万)
想定利回り(年利) 8.0%
最低出資金額  10万円

投資開始には事前の会員登録・投資家登録が必要です。
ページTOPよりご登録ください。

<5号ファンド特徴>

■2019年12月竣工済、充実設備の新築高級レジデンス

Ambassador Residenceは総戸数住戸62戸、店舗1戸、住戸の1戸当たり専有面積97.2㎡のレジデンスです。システムキッチンや温水暖房便座、床暖房、オートロック、24時間コンシェルジェカウンターなどに加え、高級感のある上質なデザインが、現地富裕層・大使館関係者から高い評価を受けています。また、地下駐車場も完備されていますので、車の乗降がスムーズにでき、冬場はマイナス40度にもなるモンゴルでも快適に過ごすことができます。

■ウランバートル中心部から800mの好立地
Ambassador Residenceはウランバートルの中心地であるスフバートル広場から800mの好立地に位置しています。また、モンゴルでも有数の5つ星ホテルであるシャングリラホテルから東に200m、日本大使館からも南に400mという、ウランバートル市内きっての好立地です。モンゴル最大のショッピングモールであるシャングリラモールも近く、ファミリー層のお客様にも大変好評です。

■フォーブス誌にて、 Best Value Residence部門で最優秀賞 を受賞
世界的な経済雑誌であるForbs社が、毎年、最も価値のあるサービスや物を表彰する目的で開催しているForbes Property Awards(2020.11.1 in Mongol)にて、Ambassador Residenceが、モンゴルで7,400社ある不動産・建設業界の中から、Best Value Residential 部門で 初受賞にて最優秀賞を受賞しました。Ambassador Residenceの、日本基準に沿った高品質な建築が高く評価されました。


今後とも、TECROWDをどうぞよろしくお願いいたします。